非中央集権型クラウドコンピューティングシステム「orb」を開始。合わせて2億7,400万円の第三者割当増資を発表

株式会社Orb(旧 株式会社コインパス。本社:東京都新宿区、代表取締役:仲津正朗)は、ブロックチェーンを利用した独自の認証技術の開発を致しました。認証時間は世界最速を誇り、かつスマートフォンアプリでもマイニング可能です。この技術を元に、非中央集権型クラウドコンピューティングシステム「orb」をスタートさせます。そのプロダクトの第一弾として、2015年9月28日より、仮想通貨発行・運用プラットフォーム「SmartCoin」の提供を開始します。

また、当社は2015年10月6日までに、合計2億7,400万円の第三者割当増資を実施予定です。
【非中央集権型クラウドコンピューティングシステム「orb」とは】

orbの最大の強みは、独自の認証アルゴリズム(特許申請中)による、認証時間の高速化と認証方法の低コスト化です。認証時間は、同じブロックチェーンを利用しているBitcoinの10分に対して、大半5秒(平均16秒)と世界最速を実現しています。認証方法では、データセンターによる大規模かつ高コストなマイニングが主流となりつつあるBitcoinに対して、弊社提供のSDK利用により、スマートフォンアプリレベルでのマイニングを実現、極めて低コストで運用可能です。

この技術を元に、今後、決済認証に留まらず、各種契約認証、IoTまで、orbの活用シーンを広げていきます。

我々は、非中集権化のソフトウェア基盤を確立することで、我々の経済システムにおける「善意のシステム化」と、それによる「小さな政府」の実現を目指しています。(orb構想の詳細について知りたい方は、弊社のホワイトペーパーを参照ください – https://imagine-orb.com/jp/service.html

また、このorbの認証技術を活用した第一弾のプロダクトが、誰でも簡単にブロックチェーンを利用した仮想通貨が発行できる「SmartCoin」になります。

【SmartCoinの特徴】

  • オンラインビジネスの事業者等が、時間とコストがかかる自社開発に頼らず、当API、SDKを使って、簡単にオリジナルの仮想通貨を発行・運用できます。
  • 高い囲い込み効果を実現するため、チャージボーナスによる仮想通貨自体への利用意欲の向上、また自然減価による、店舗過多となりつつあるオンラインショッピングにおける取扱商品以外での購入体験の差別化を図ることができます。
  • 当サービスは、世界No.1シェアのE-Commerceソフトウェア、Magento(http://magento.com/ )でも、プラグインが提供されているため、すぐに利用開始可能です。

また、当サービスについては、既に複数社が導入を検討開始しております。

【第三者割当増資について】

当社は、今回、SBIインベストメント株式会社の運営するファンド、株式会社セレス、ユナイテッド株式会社、株式会社アドウェイズ、マネックスベンチャーズ株式会社を引受人とする、合計2億7,400万円の第三者割当増資を2015年10月6日までに実施予定です。

■代表取締役 仲津正朗のコメント

ブロックチェーンは、パーソナルコンピュータ、インターネットに続く、「第3のIT革命」になると言われている技術であり、シリコンバレーを中心に世界中の金融機関やIT企業から注目を集めています。我々は、世界最速最軽量を実現したorbの非中央集権化技術をコアに、FinTech含む全IT産業に、引き続き、革新的なインパクトを与えていきます。

【会社概要】

社名 : 株式会社Orb(旧 株式会社コインパス)

代表者 : 代表取締役 仲津 正朗

本社 : 東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル25階

U R L : http://www.imagine-orb.com

設立 : 2014 年2月

事業概要:非中央集権型クラウドコンピューティングシステム「orb」の研究開発とその関連ソリューションの提供

所属団体:一般社団法人日本価値記録事業者協会(JADA) 理事

■本件のお問い合わせ

https://imagine-orb.com/jp/contact.html

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail to someone
戻る