JDKのインストール

前提

  • OSはLinux(CentOS)を想定
  • インストール実施者はマシン上でroot権限もしくは(ssh経由による)sudoでのコマンド実行が可能であること

Oracle JDK 1.8の場合

下記リンクから該当バージョンのJDKをダウンロードします. ダウンロードしてきたRPMファイルをインストールします.
cd /path/to/downloaded/rpm/file
sudo rpm -ivh <downloaded rpm file>.rpm
sudo alternatives --install /usr/bin/java java /usr/java/jdk<version>/bin/java 200000
sudo alternatives --config java
JAVA_HOMEを設定します.
# Bashの例
echo "export JAVA_HOME=/usr/java/latest" >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile
javaのバージョンを確認します.
# 出力例
$ java -version
java version "1.8.0_102"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_102-b14)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.102-b14, mixed mode)

OpenJDK 8 の場合

以下のコマンドを実行します.
sudo yum install java-1.8.0-openjdk
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail to someone