Orbが『2017 Red Herring Global Top 100 Winners』を受賞

株式会社Orbは、米国の「Red Herring (レッドへリング)」が2017年11月13 – 15日に米国・ロサンゼルスで主催した、最も革新的なテクノロジーベンチャーを選出するアワードで、『2017 Red Herring Global Top 100 Winners』を受賞いたしましたのでお知らせいたします。
今年は、Enterprise Software市場のテックベンチャーの出願が特に多く、その中には、SDN-WAN市場で、次のユニコーンとして注目されているAryaka-networks(crunchbase)や、セコイアキャピタルから支援を受けているVersa-Network(crunchbase)、そして、Multi Cloud ManagementのCloudHealth(crunchbase)など北米の注目株が同じくGlobal 100 Winnerにランクインしており、その中で日本発のDLTプラットフォームベンチャーとして弊社が受賞致しました。

■ 『2017 Red Herring Global Top 100 Winners』とは
アジア、ヨーロッパ、北米の世界で最も革新的な技術やビジネスモデルを持つ未上場ベンチャー企業の中でも特に将来性が有望視される企業Top100を選出する賞です。『Red Herring Top 100 North America』、『Red Herring Top 100 Europe』、『Red Herring Top 100 Asia』の各地域で受賞したベンチャーの中から選出されるもので、選考基準は技術革新度、経営手腕や戦略、財政遂行能力をはじめとし、成長の可能性、潜在力そして革新性など多岐にわたります。 1996年に始まり、米国、アジア、ヨーロッパをはじめとした未上場企業の中から数々の有望なスタートアップ企業を選出してきました。過去には、世界的に著名なGoogle、Facebook、Alibaba、Twitter、Rakuten、Salesforce.com、YouTube といった企業が受賞しており、現在ではベンチャー企業の権威ある登竜門的位置づけとして注目されています。


授賞式の様子(左:Orb COO Sherwin、中央:RedHerring代表 Alex Vieux氏、右:Orb CEO 仲津)
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail to someone
戻る